CallCall-IVR 成功事例 健康診断の受診率が
20%増加

受診勧告サクセスストーリー

市役所様

導入の背景

毎年5月に特定健診の対象者に受診券を発送していましたが、7月を過ぎると受診の申し込みが減ってしまうため、
10月に再度受診勧告を行うことにしました。

導入検討時の重視ポイント

再度案内を郵送することも検討しましたが、受診予定の有無などの回答を回収できないことと、手作業が発生するため、
アウトバウンドIVRを使用して、自動で受診勧告と受診予定確認を行うことにしました。

自動化してよかったこと

発信スケジュールを事前登録することができるので、週末に発信することができました。
また、受診予定のない対象者から理由(職場の健康診断で受診済など)を回収できたこともよかったです。

CallCall-IVRの評価

折り返し電話の対策としてインバウンドIVRとの併用も提案いただいたので、
情報伝達率をさらに上げることができました。

CallCall-IVR導入後の効果

健診の申込:19.2%

オートコールとIVRにて再び受診勧告を行い 受診者が増加

音声ガイダンスとコールフロー

システムから自動発信

こちらは、○○市役所です。このお知らせは、自動音声でお送りしています。
本日は、○○市の国民健康保険より、今年度の、特定健診のご案内がございます。
なお、すでに受診をお済ませの場合は、行き違いをご容赦ください。

本日は、9月末時点で受診の確認がされていない方へご連絡をしております。
今年の5月に特定健診の受診券をお送りしましたが、ご確認頂けましたでしょうか?
○○市の国民健康保険では、40歳から74歳までの皆様に、
年に1回特定健診を受診していただくよう、お願いをしております。
受診期限は、来年1月末までとなっております。期限が近づきますと大変込み合います。
お早めに受診されるようお願いいたします。

お客様へ、受診についてお伺いいたします。
受診済の方は①を、受診予約済、受診予定ありの方は②を、職場の健康診断、人間ドック等で受診の方は③を、
現在通院中の方は④を、現在入所または、入院中の方は⑤を、多忙の方は⑥を、
理由なし、その他の方は⑦を押してください。

ご回答、ありがとうございました。
受診券の再発行など、特定健診についてのお問い合わせは、
平日8時30分から、17時まで。○○市役所保険年金課。03-1111-2222で承ります。
以上、○○市役所からのお知らせをお伝えしました。

↓

受診勧告対象者の19.2%から
受診申込あり!

使っている機能

基本料金で利用可能な機能

  • 応答時の挨拶ガイダンス
  • 対象者の名前の動的読上げ
  • 選択肢入力
  • 留守番電話用ガイダンス
  • スケジュール発信
  • 発信レポートのダウンロード

デモ電話を聴く

CallCall-IVRで提供している音声ガイダンスの一部を体験いただくことができます。
下記フリーダイヤルにお電話の上、ご希望のメニューを選択ください。

デモ用電話番号
0120-992-052

<ガイダンスメニュー>

  • 通販のリピート注文→1
  • タクシー予約→2
  • お支払い相談・督促→3
  • IR対策(お問い合わせ)→4
  • 健康診断の勧奨→5

~導入事例のご紹介~

導入事例一覧を見る